HOME>きたよし地区地域包括支援センター

きたよし地区地域包括支援センター

地域包括支援センターは、高齢者の方々が住み慣れた地域で安心して生活できるよう、介護・福祉・医療など多方面にわたり総合的な相談、または支援を行う機関です。

地区地域包括支援センターとは

みよし市では、平成29年4月より市内各地区に分割し、運営委託されています。
きたよし地区に関しましては、在宅介護支援センターじゃがいもから委託変更して、社会福祉法人翔寿会が運営しています。
地域包括支援センターには、主任ケアマネージャー・社会福祉士・保健師などの専門職が配置され、ご本人やご家族への支援、またケアマネージャーや医療機関、民生委員等様々な機関と協力・連携して、地域にお住まいの高齢者を見守るネットワークづくりを進めています。
お気軽にご相談下さい。

業務内容

介護保険の利用相談

介護保険申請の相談窓口として、申請や認定手続きの対応、介護サービスや関係機関の情報提供を行い、適切なサービスを受けられるよう支援します。

介護予防ケアマネジメント

介護保険で要支援1や要支援2と認定された方や要介護状態になる恐れのある方に対し、ご利用者本人やご家族と相談しながら、介護予防ケアプラン作成及び各サービスの手配を行います。

権利擁護

高齢者虐待防止、高齢者の人権や財産を守るための成年後見制度の紹介、消費者被害の防止など、高齢者の権利を守るための支援を行います。

総合的な相談と支援

介護や福祉・医療などに関すること、また生活上の心配や悩みなど何でも相談できる機関です。

ご利用案内

ご利用時間 月~金曜日、8時30分~17時15分
利用料 無料
お電話 0561-33-0791